うみかふぃ

ブログ運営と「日常生活」ちょっと得する方法

スマホ用極細タッチペンでイラストを描いてみた!電池式を選んだ理由と使い心地

スポンサーリンク

こんにちは、秋の花粉症に苦しんでいるumikaです。

 

 

ブログ記事の下書きをスマホでする事が多く、絵もスマホで描いています。

 

指でキーボードを押していると、とにかく時間がかかる。

 絵を描いていると、自分の指で見えない。

 

そこでタッチペンを買ってみました。

 

f:id:umikakuma:20180925212636j:plain

 

スポンサーリンク
 

 


 購入したタッチペン

 

 スマホ用のタッチペンにも種類があるんですね。

 

太めの導電繊維がついたもの ・・・・・主にゲーム向き

 

細めの静電気を流すタイプ ・・・・・・絵や文字を打つのに向く

 

私はキーボードの打ちやすさと、絵の描きやすさを求めていたので、極細タイプにしました。

 

楽天市場で探す事数時間。(すぐには決められません。)

 

 

一番悩んだ点は、充電式か電池式か。

 

 

極細タイプは、微弱な静電気を出すために、電気がいるんだそう。

 

最初はUSB充電タイプを検討しましたが、

「充電…面倒だな」

と思い、電池タイプを検索。

 

 

ペン先が極細の「スタイラスペン」に決定

 

 ペン先極細スタイラスペン細い高感度タッチペンFine Point Pro Avanceスマホ/タブレット/iPhone/iPad

 

色は4種類あり、私はシルバーにしました。

 

 

こちらのお店は配送も早く、平日お昼に購入し、その日の夜には「発送完了メール」が届きました。

 

配送はメール便で、2日後に到着。

f:id:umikakuma:20180925092938j:image

プチプチ付きの封筒に入っていました。

 

 

箱の中には、タッチペンと説明書、電池。

電池が入っているのは嬉しかったです。

f:id:umikakuma:20180925093111j:image

マットなシルバーで気に入りました。

 

スイッチは真ん中。

f:id:umikakuma:20180925093133j:image

使っている途中に、たまーに電源を消してしまう事がありますが、滅多にないため気になりません。

 

電池を入れるので重いかなと思いましたが、そんなことなかったです。

普通の金属製のボールペンと同じぐらいです。

 

 

タッチペンで絵を描く

 

 

さっそく絵を描いてみました♪

 

ん?

 

んん⁉︎

 

ブレる(泣)

 

f:id:umikakuma:20180925093158j:image

 

滑って線がブレるんです。

 

 

おまけにタッチしている場所と微妙にズレが。

f:id:umikakuma:20180925093225j:image

下書きの通りには、なかなか描けません。 

f:id:umikakuma:20180925093327j:image

どうにか描いてみました、 

f:id:umikakuma:20180925093352j:image

うーん、ちょっと練習が必要かな。

 

ただ、細かいところは指よりも断然描きやすい。

 色のペンキ塗りも快適です♪

 

これ便利だなあ〜と感じたのが、3分間使っていなければ、自動で電源が切れるところ。

 

 

その後いろいろ試してみて、私なりに工夫をしてみましたよ!

 

 

工夫すると使える

 

・まずキャラクターの輪郭がブレるので、輪郭だけは指で書きます

 

・細かなところは画面を拡大してからタッチペンで描く

 

・タッチしたところと多少ズレが出てしまうので、気にせず描き、消しゴムを多用する。

 

 

絵の描きやすさを10段階で表すと、

 

指ですべて描く  ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

タッチペンを使う ★★★☆☆☆☆☆☆☆

 

・・・です。

 

使わないより使った方が描きやすいが、これがベストではないなと感じました。

 

 

 

キーボードは打ちやすい

 

一番の目的が絵を描きやすくすることだったので、ちょっとガッカリしたのですが、キーボードの打ちやすさは、めちゃめちゃいいです!

 

 

指で打つのと格段の差です!早い。

 

記事の下書きをスマホですることが、ほとんどなので、これは本当に良かった。

 

 

またまた、10段階で表すと

 

指でキーボードを打つ  ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

タッチペンを使って打つ ★★★★★★★★★☆

 

です♪

 

 

注意点

 

タッチペンを使っていて、私が気づいたこと。

 

①筆圧が強い人は要注意、軽くもつ方が使いやすい

 

 スマホのアプリにもよるのでしょうが、私が使っているアプリでは、強く押すとその色に変わってしまうんです。

f:id:umikakuma:20180925122040j:image

つまり黒で描いていたのに、強く押すことで白(タッチペンで押さえている部分の色)に勝手に変わってしまうんです。

 

これはかなりやってしまう失敗です。

 

 

 

②赤ランプがついてからも結構もつ

 

 電池がなくなってくると、白いライトだったのが赤に変わります。

 

f:id:umikakuma:20180925122052j:image

 

けれど、赤になってからもかなりもちます。

車のガソリンランプ点滅時の「以外とまだ走る」と同じ感じでしょうか。笑

 

慌てて電池を変える必要はありません。

 

 

 

スマホを布の上に置くと使えません

 

 机の上や膝の上(服の上)は、大丈夫なのですが、完全に布の上に置いてしまうと極細タッチペンは使えません。

 

ベッドにうつぶせになってスマホをいじろうと思い、ベッドの上にのせてタッチペンを使ってみると、まったく反応しないんです!

 

一瞬壊れたのかと焦りました。

 

静電気の関係なのでしょうか。

手でスマホを持って使うのが、一番反応がいいです!

 

 

 

④ガラスの保護シートは不明

 

 私はプラスチックの保護シートを使っている為、ガラスシートの際の使いごこちは分かりません。

 

けれど、説明書にはどちらでも変わらないと書いてありますので大丈夫でしょう。

 

 

 

まとめ

 

絵を描くことだけが目的であれば微妙ですが、キーボードの打ちやすさはかなり良かったです。

 

結局、買ってよかった。

 

使ってみると、もうこのタッチペンなしで、私はブログは書けません。

お値段は高めなのがマイナス点ですが、ブログを書く速さがグンと上がったので、満足です。

 

電池式にしたのも、充電を待つことなく使えるので大正解でした♪

 


 

たまになくなると、鬼の形相で探しまくります。

(子ども達は知っている。。恐怖。笑)

 

 

 

 

プライバシーポリシー