うみかふぃ

ブログ運営と「日常生活」ちょっと得する方法

アフィリエイトの経費が分からない。。判断基準さえ抑えれば大丈夫!

スポンサーリンク

こんにちは。umikaです。

 

 

アフィリエイトに確定申告が必要なのは有名ですが、「経費にできるもの」って把握していますか?

f:id:umikakuma:20181014181431j:image

アフィリエイトは無料でも始められるのが魅力の一つですが、経費を作りにくい分野でもあります。

それでも、節税のためにはしっかりと経費を計上したいところです。

 

ここでは経費にできるものを書いていきたいと思います。

  

 

スポンサーリンク
 

 

 

アフィリエイトの経費とは?

 

アフィリエイトをする上で絶対に必要になってくる費用です。

確定申告では「売上-経費=所得」を申告します。

そのため経費を上げれば上げるだけ節税となります。

 

ただし、あまり無謀な計上はNGです。売り上げの50%程度までにしましょう。

税務署さんにつっこまれます。

 

 

 

確実に経費にできる勘定科目と内容

f:id:umikakuma:20181014163127j:plain

 

アフィリエイトは、まだまだ曖昧な部分も多く、経費もはっきりしていません。

まず、「胸を張って経費にできる」と言えるものを書いていきます。

※最終的に経費にするかは個人の判断におまかせします。

  

・地代家賃 

自宅でアフィリエイトの作業をしているのであれば、地代としてあげることができます。

ただし全額を上げることはできません。

アフィリエイトで使用しているスペース(パソコン部屋)が家の何割を占めているかで求めます。

 

賃貸であれば月々の賃貸料から使用しているスペースを按分(あんぶん)して経費とします。

例 30㎡のマンションで15㎡を使用 家賃10万円

  15㎡ ÷ 30㎡ = 0.5

  10万円 × 0.5 = 5万円

5万円を経費とすることができます。

 

持ち家の場合は、住宅ローンの元本は経費にできません。ローンの金利・火災保険・固定資産税は按分して計上できます。

この場合も賃貸の例と同じようにして、計算できます。

 

 

 

水道光熱費 

光熱費も按分して経費とすることができます。

アフィリエイトに必要なのは電気代と水道代。

割合は自分で決めていいですが、税務署に説明できる範囲にしましょう。

アフィリエイトをしている作業時間の割合や使用しているコンセントの数の割合などで計算します。1割~3割が一般的。

 

 

 

・通信費 

電話代、インターネット代、携帯電話の通信費は使用時間で按分します。

アフィリエイトで使用しているサーバー代、ドメイン代、ブログの有料費は全額を経費にできます。

月々支払うタイプのクラウド会計ソフトの費用もここに入ります。

 

 

 

・新聞図書費 

アフィリエイトにおいて参考にした書籍。

 

 

 

・支払手数料

 

書籍など経費とできる商品代金を支払った時の手数料。  

アフィリエイトの報酬を振り込んでもらうときの手数料。

 

 

 

・接待交際費 

記事にするためにインタビューや取材した際にかかる食事代。また、その時に手渡すお土産代なども経費にできます。

 

 

 

・事務用品費 

帳簿やノート、ボールペン、コピー用紙など。

 

 

 

・消耗品費 

10万円以下のパソコン関連のものや、試用期間が約1年ぐらいのもの。

インストール型の会計ソフトの費用。

ワードプレスなどのテンプレート代。

 

 

 

・旅費交通費 

取材やセミナーに参加するときなどに使用した交通費。

バス、電車、ガソリン費、高速代など。

 

 

 

・雑費 

どの勘定項目にも該当しないものや、少額のもの。

 

 

 

・研修費

 

セミナーなどの参加費。

 

 

 

 ・原価償却費 

10万円を超える資産となるもの。パソコンの購入費用などです。

※数年に分けて経費計上する必要があります。

 

 

 

アフィリエイトのグレーな勘定科目と経費内容

 

f:id:umikakuma:20181014162158j:plain

 

ここからは、経費としてあげられるか微妙なところの分野です。

 

全額ではなく按分することで経費とできるものが多いです。

また、その経費に対して収益(成果)がでているかが大事!収益がないのに経費としてしまうのは無理があります。最初に書いたように、経費が収益の50%程度にできるかでも変わってきます。

 

・レビューのために購入した商品 

これは全額は難しいと私は考えます。

化粧品やスマホ、家電製品などいろいろありますが、レビューを書いた後は私用で使うと思います。その場合、やはり按分するのが適していると考えます。

割合は3〜5割にし、レビューを書くことできちんと収益があることが大事です。

 

勘定科目は物により違いますが、雑費、消耗品費、取材費で大丈夫です。

 

 

 

・レビューのための外食や旅費 

これは難しいですが、外食は自分の分のみ全額でもいけると思います。ですがアフィリエイトの為だけに食べに行きましたと言い切れない限りは按分がいいでしょう。

旅費は自分の分のみで、さらに按分がいいと考えます。

 

勘定科目は取材費。

 

 

やはりグレーな経費はご自身の判断で決めるべきです。

 

・「仕事用(アフィリエイト用)です!」と税務署の方に言い切れるなら経費としてあげて下さい。

 

・半分仕事半分私用と言えるならば按分。

 

・収益がなかったり、私用の要素が強ければ経費に上げない。

 

勘定科目は、決まりがないので自分で決めて大丈夫ですが、必ず一貫性をもたせ、一つの項目が飛び出た額にならないように仕分けましょう。

 

 

以上がアフィリエイトにおける経費となります。

他にもあるかと思いますが、仕事用と言いきれるかどうかを判断基準にし、計上してください。

 

 

 

アフィリエイト帳簿のつけ方

 

収益が少ないうちはノートでも可能ですが、一定の収益が出始め、青色申告(65万円控除)を受けたい場合は、会計ソフトを入れ管理しましょう。

 

会計ソフトの中で、私のおすすめは「会計ソフトfreee」です。

最大の魅力はスマホでも操作できるところです。

普段の収支をつけるのに、かなり便利!

アフィリエイト専用のクレジットカードや銀行を紐づけておけば、自動で記帳してくれます。その際に必要ないものであれば簡単に消すことも出来ます。

 

サイトのヘルプページを見ていただければ一番分かりやすいかと思いますが、サポートが厚く、素人でも安心して使えます。

無料期間がありますので、会計ソフトの導入を考えておられる方は一度使ってみください。 

 

全自動のクラウド会計ソフト

 

 

まとめ

確定申告と聞くだけで気が重くなってしまいますが、節税だけはしっかりしておきましょう。

 

その為には、日ごろからマメに記帳しておくことがおすすめです。

まとめてやろうと思うと、かなり大変な作業になってしまいます。

 

記事を書くことに集中するためにも、会計ソフトは便利ですので導入も考えてみてください。

 

  

 

 自分で確定申告をする必要ありますか?

www.umikablog.com

  

スポンサーリンク
 

 

 

プライバシーポリシー