うみかふぃ

ブログ運営と「日常生活」ちょっと得する方法

アフィリエイトの「売上」計上はいつ?確定申告に備えた帳簿の付け方

スポンサーリンク

 

こんにちは。umikaです。

 

 

 

アフィリエイトにも確定申告の準備は大切。

きちんと帳簿はつけていますか?

 

まず始めに悩むのが「収益」の計上は、どのタイミングでするのか。

 

f:id:umikakuma:20181022170321j:plain

 

結論からいうと、1ヶ月分の収益が確定してからで大丈夫です。

 

 では、何故確定してからでいいのか、理由を書いていきます。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

収益の計上とは? 

 

アフィリエイトASPやグーグルアドセンス、アソシエイトなどを使って収益を得ますよね。

 

その収益は「売り上げ」として上げる必要があります

その売上から経費を引いた分が所得になります。

 

確定申告をする際にもとても大事なものになるので、きちんと理解し帳簿をつけておく必要があります。

 

「売上」の計上は原則として「実現主義」とし、記帳をしていきます。

 

 

 確定申告を自分でする必要があるかの確認はこちら↓ 

【要確認】いくらから?アフィリエイトにおける確定申告対象者 - うみかふぃ

 

 

 

実現主義とは?

 

いきなり難しい言葉がでてきたんだけど!?

収益を計上する際、どのタイミングで計上(帳簿に書くか)するのかは、大きく3つに分かれます。

 

 

「発生主義」「実現主義」「現金主義」

 

 

それぞれを簡単に説明をすると、

「発生主義」...取引が決まった時点

「実現主義」...実際に実現した時点

「現金主義」...お金が入金された時点

 

日本の会計基準では、費用は「発生主義」、収益は「実現主義」とする事を原則としています。

 

 

 

アフィリエイトの収益決定は確約がきた時点 

 

f:id:umikakuma:20181022171821j:plain

 

アフィリエイトでは、契約している会社によって違いますが、今月の売上はこれだけありこの額を振込できますよという通知または確認することができます。

 

確定(実際に支払われる収益が決定)した時点を売上日として計上します。

 

その月の売上が月末に確定されて翌々月払いの場合は、確定した時点が売上日となります。

 

 

 

アフィリエイトの中には確定が2ヶ月遅れのものもあります。

 

たとえば、10月分の売上が12月に確定されそのあと振り込まれるタイプ。

この場合の売上は、10月ではなく12月に記帳します。さらに、実際に振り込まれた日ではなく、確定された日です。

 

ex.10月25日に売上が発生、12月1日に確定、12月21日に振込。

この場合売上日は12月1日とします。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

 

帳簿のつけ方 

 

f:id:umikakuma:20181022172843j:plain

 

帳簿の書き方は、確定申告の仕方によって変わります。

 

白色申告または青色申告(10万円控除)の場合は経費と収益の出入りだけを書けば大丈夫です。

おこづかい帳をイメージして下さい。

 

ノートや出納帳に記載します。

 

 

例として先ほどと同じ

ex.10月の売上8,000円が12月1日に確定し、12月21日に振り込まれ手数料は300円だった。とします

【書き方】

日付  2018/12/1 

摘要   〇〇アフィリエイト10月分

収入  8,000

 

日付  2018/12/21

摘要  〇〇アフィリエイト振込料

支出  300

 

 

これで大丈夫です。

 

 

青色申告(65万円控除)を受ける場合には複式簿記が必要です。

手書きでは難しいため、会計ソフトを使うのが得策です。

 

【書き方】

日付  2018/12/1

摘要  〇〇アフィリエイト10月分

(借方)勘定科目 売掛金 金額 8,000

(貸方)勘定科目 売上       金額 8,000

 

日付  2018/12/21

摘要  〇〇アフィリエイト10月分振込

(借方)勘定科目 普通貯金 金額7,700

(貸方)勘定科目 売掛金  金額7,700

 

日付  2018/12/21

摘要  〇〇アフィリエイト振込手数料

(借方)勘定科目 支払手数料 金額300

(貸方)勘定科目 売掛金   金額300

 

 と書きます。

 

表を作る暇がなかったので箇条書きですみません。

出来次第追記します。

 

 

 会計ソフト

外部リンク freee  ・・・スマホでも記帳でき便利 

外部リンク やよいの青色申告オンライン ・・・会計ソフトの老舗

 

 

 

収益が振込額に達していない場合 

 

売上が振込できる額に達していない場合は、計上しなくていいと私は考えます。

理由としては契約条件を満たしていないからです。

 

振込ができるのが5000円からだとし、3000円の売上であれば、たとえ確定の通知がきていたとしても契約はまだ成立していません。つまり支払が確約されていないということです。

 

この場合、契約が成立する5000円以上に達した時点で計上すべきです。

 

※税理士さんによって見解が異なります。あくまで私の考えとします。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

まとめ 

 

アフィリエイトを発生主義で売上を計上してしまうと毎日帳簿をつけて、さらにキャンセルが出たから変更して、、、と、これでは帳簿をつけるだけで疲れはててしまいます。

 

売上はアフィリエイトごとにまとめて、確定した日を売上日としましょう。

 

 

心配な方は必ず税理士さんに相談して下さい。

 参考になれば幸いです☆

 

 

 

 経費の仕分けはこちら↓

www.umikablog.com 

 

プライバシーポリシー