うみかふぃ

ブログ運営と「日常生活」ちょっと得する方法

【注意】ブログの書き方「一話完結」が鉄則!読者にとってメリットなしの記事とは?

スポンサーリンク

こんにちは。umikaです。

 

 

ブログの書き方は、人それぞれ。

個性があるから、読んでいてもおもしろいですよね♪

 

 

でもこれだけは守った方が良いという注意点がいくつかあります。

その中の一つがこれ。

 

一つのテーマを数記事に分割してしまうのはNG

f:id:umikakuma:20181108062647j:plain 

 

理由は、書く側にメリットがあっても、読む側にはメリットがないからです

 

数記事に分けない方がいい理由と、一記事にまとめる方法を書いていきます。

 

スポンサーリンク
 

  

1記事1テーマ 

 

f:id:umikakuma:20181108055139j:plain

 

何かを説明したいときや、旅行・体験記の記事を書くときにしてしまいがちなのが、数回に分けて記事を投稿すること。

 

多いのが全編・後編と分けたり、エピソード①②③などとするもの。

 

これは書く側にとってメリットがあります。 

・ネタにしばらく困らない

・一日一記事が守れる

・記憶のままの流れで書けるので楽

・広告がその分多く貼れる

 

 

けれど読者側に立ってみると、何のメリットもないことに気がつくかと思います。

それどころかマイナスイメージにもつながります

 

・いちいちページ送りをするのが面倒

・前回の記事を覚えていない

・まだこのネタか。。

・広告が多い

 

読者にとっては1ページにまとめてある記事の方が読みやすく、労力もいりません。

 

またこれらのマイナス点から、離脱や読者離れをおこしてしまう原因にもなります。

 1つのテーマは1記事にまとめるのが鉄則

 

 

 

1記事もしくは別テーマにする  

 

f:id:umikakuma:20181108054557j:plain

 

まず、キャンプに行った時のことを書くとします。

なぜキャンプ?

何でもいいんだけど。例えね

先ほども書いたように、キャンプ【前編】【後編】として記事を分けて書いてしまうのはNG。

 

分割するのではなく1記事にまとめてしまいましょう。

1記事にすることでSEOにも強くなるメリットがあります。

 

 

 

1記事にするとあまりにも長くなるようであれば、別テーマごとに記事を分けて、リンクを貼るようにすると読みやすく、読者にとってもメリットとなります。

 

さらに気になればどんどんと回遊してくれます。

 

 

テーマの分け方は

・キャンプ場の紹介とその期間の流れ

・テントの種類と性能

・他のキャンプ場との比較

・キャンプ飯の作り方

・便利だったグッズ

 

 などとすることができます。

 

 

この方が書く側にとっても、記事を書くネタも増え、より詳しく書いていくことができます。

 

読む側にとっても断然読みやすく、気になれば別記事を読んだりと満足できるブログとなります。

 

 

 

テーマが違えば別記事にしても大丈夫 

 

数記事に分けるなと書きましたが、大きなテーマが同じでも一記事のテーマが違えば、記事を分けても大丈夫です。

 

たとえば「正しい日本語」を大きなテーマとして書いたとします。

正しい日本語①句読点のつけ方

正しい日本語②敬語と尊敬語の違い

 

大きなテーマが同じでも、記事のテーマとしては全くの別物のためOKです。

というよりは、むしろ数記事に分けるべきといえます。

 

この場合大きなテーマは「カテゴリ」として認識できます。

 

スポンサーリンク
 

 

 

まとめ 

 

一つのテーマを数回に分けた方が読みやすいように思えます。

ですが、読者側としては読みにくく、煩わしい点が多くなってしまいます。

 

一記事にまとめてしまうことで、SEOにも強く、読者にとっても読みやすい記事となります。

 

長すぎる場合は別テーマとして記事を分けて書き、リンクを貼ることで、回遊のしやすさにつながると考えます。

 

 

是非「一話完結」の記事を意識してみてください☆

 

スポンサーリンク
 

 

 

www.umikablog.com

 

プライバシーポリシー