うみかふぃ

ブログ運営と「日常生活」ちょっと得する方法

【実証】「アドセンス審査時に他のアフィリエイト広告はだめ」は迷信です!

スポンサーリンク

こんにちは。umikaです。

 

 

Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査が厳しいのは有名ですよね。

その為、本当かどうか分からない情報がたくさんあります。

 

f:id:umikakuma:20181026132825j:plain

でもこれだけは言えます。

アドセンス審査を出す際に他のアフィリエイト広告をはるのはダメ」

迷信です!

 

実際に私が試してみたので、詳しく書いていきます。

 

スポンサーリンク
 

 検証

 

まずアドセンスの審査を受ける前に、どうすれば受かるのかを検索しました。

「その中で本当なのかな?」思う情報がいくつかあり、あえてダメだと言われていることをやってみようと考え、試してみました。

 

結果は、合格

 

 

実際に私が疑問に思った点はこれです。

アドセンス審査が終わるまでは他の広告を張らない

 

②外部リンクやキャプチャもだめ

 

③審査用の「あたりさわりのない」ブログを用意する

 

まず最初に③は、そんなブログを用意する気はまったくなかったので無視しました。

 

 

もっともよく言われているのは①ではないでしょうか?

「審査が終わるまではアフィリエイトはしない」です。

 

疑問に感じたのでグーグルの規約を読んだところ、他のアフィリエイト広告と一緒に貼る事は禁止されていませんでした。

そのため私は大丈夫だと判断し、審査前も審査中も広告は貼っていましたし、レビューのアフィリも貼りました。

 

ただし、注意点は広告も記事の一部とみなされるため、規約に違反するような画像や文面を使った広告はダメです。

規約に違反していない広告であれば大丈夫です。

 

 

次に②

これも説明文を書く時に他のサイトのリンクを貼りました。

さらに「申し込み方」などを説明する際に、キャプチャも掲載。

 

これもさっきと同じで、グーグルの規約に反するような文面のリンクや、著作権に違反するような画像をとってきて載せるのはダメです。

 

 

 

考察

 

f:id:umikakuma:20181026074601p:plain

 

もともとアドセンスの審査は「受かったらラッキー」「落ちてしまったらこのブログは他の収益方法にきりかえればいい」そう思い受けました。

 

そのため、あえてネットで流れている情報の逆の事をしてみよう。それで受かれば証明になる。と。

 

もちろん、「問い合わせ」「プライバシーポリシー」など疑問に思わなかった事はしっかりと実行しました。

 

 

受けるのも人であれば審査するのも人?かどうかは分かりませんが。笑

私の場合は受かりましたが、絶対ではないかもしれません。

 

けれど、上記3つは気にしなくていいです。

それよりもブログの構築・充実を考えて書いた方がいいと私は思います。

 

 

審査する立場であれば、日記のような内容の薄いブログであれば、広告を出すメリットが少ないと判断し、より読んでくれている人(ユーザー)のためになる記事を書いているブログの方が宣伝能力があると感じます。

もちろん、芸能人や有名人は何を書いていても宣伝になりますが。

 

何より、あたりさわりのない記事って、書いていてもつまらないですからね。

つまらなければ続かないし、それこそ本末転倒。

自分が作りたかったブログを作ることに集中することが大事です。

もちろん審査を受けるのであれば、規約は守りながらです。

 

 

 

ネットに拡がっているアドセンス合格必勝法は、少しでも審査に引っかかりそうな不安要素を全て排除して審査を受けた結果が合格。その為それが必須のように書かれている事が多いのです。

 

グーグルの規約を理解した上で、まずはブログを書くことに集中し、その上で審査に出されるのが一番だと感じます。

 

スポンサーリンク
 

 

まとめ 

 

「他の広告」「リンク」「キャプチャ」は、規約に違反するようなものでなければOKです☆実証済み。

 

アドセンス合格も大事ですが、ブログの構築に力をいれる事も大事です。

きっと合格します!

気合だーーー!!

 

参考になれば幸いです☆

 

 

 

www.umikablog.com

 

プライバシーポリシー